「引き寄せの法則」体験談 / 貯金ゼロだったのに引っ越しできた話

これは、当時貯金ゼロだった私が、「引き寄せの法則」を使って築40年越えのボロアパートから新築の家に引っ越したお話です。

  • 「引き寄せの法則」を使ってみたい!
  • どんな引き寄せ事例があるのか知りたい!

そんな方の参考になれば幸いです。

第一章は回想なので、「引き寄せの法則」を使い始める所から読みたい人は、第二章から見てくださいね。

それではどうぞ!

目次

 ボロアパートで地震に怯えていた夜

2014年末、ある寒い冬の夜。

私は築45年越えの木造ボロアパートで、布団にくるまりながら地震に怯えていました。

家賃の高さを古さで抑えたアパート

このアパートに引っ越してきたのは、さらに3年前の2011年夏。

その前は郊外の社宅に住んでいて、片道2時間かけて都心の会社まで通勤していました。

けれど、長い通勤時間に疲れ果て「もうこんな場所から出たい!!」と我慢の限界に。

このアパートに移り住んだのでした。


これでも、このアパートは引越した当時の理想をほぼ満たしていました。

  • 会社までドアtoドアで30分と近い
  • 電車の乗車時間10分(乗り換えなし)
  • しかも最寄り駅は始発駅で座れる
  • 角部屋
  • 南向き
  • 二階以上
  • 渋谷区にありながら家賃6万円と安い!
    (周辺で同じ広さだと8万円〜が一般的)

その安さの秘密は、築40年超え和式トイレの木造アパートだから。

ただ、当時はあまり築年数を気にしておらず、

「こんないい場所にこんな安く住めるなんてラッキー♪」と思っていました。

自分を大事にし始めて気づいた本音

そんな考えが変わり始めたのが2014年。

仕事のことで病んでいた私は、とある民間の心理カウンセリングに救われます。

そこで教わった「自分を大事にする」ということを実行し始めたことがきっかけでした。

  • 食べたいものを食べる、
  • トイレいきたい時はガマンしない(長い会議の途中で離席してもいい!)
  • 自分自身が心地良く感じる服を着る

そうやって自分を大事にしていくうちに、無意識に持っていた家に対する不満に気づき始めました。

  • 隙間風が寒い
  • やっぱり和式トイレしんどい
  • 壁が薄くて隣家の声まで丸聞こえ
  • 夜中に階下から謎の歌声が聞こえる
  • もし彼氏ができた時、家に呼べない…!!
  • 地震が起きたら、確実にこの家壊れるやん!!

かくして、私の中に「引っ越したい!!」という思いがムクムクと沸き起こってきたのでした。

貯金ゼロ。でも「引き寄せの法則」がある!

引き寄せの法則(2017年出版の超訳板)と当時のノート

「引っ越したい!!」という思いが出てきたものの、当時の私にはお金がありませんでした。

これから貯金を始めたとしても、引っ越せるのはだいぶ先。

そこで思いついたのが「引き寄せの法則」を使ってみること。

「ダメで元々。ノーリスクで始められるし、この機会に試してみよっと♪」

そんな軽い気持ちで始めてみました。

どんな家に住みたい?望みを明確化

「引き寄せの法則」では、自分の望みを明確にするのがスタート。

私はどんな家に住みたいのか、理想の部屋を明らかにすることから始めました。

「登録するだけならタダだし♪」と不動産屋のホームページに登録し、空いてる時間を使って物件探し。

色々な物件を見ているうちに、段々と自分の理想が見えてきました。

  • エリアは今のまま
  • 地震・水害が起こっても安心な立地
  • 地震が起こっても大丈夫な家
  • 二階以上
  • コンロ2口以上
  • バス・トイレ別

などなど…

元々、物件情報を見るのは好きなので、楽しみながらイメージを膨らませていきました。

今からできることは何?そうだ、片付けしよう

「引き寄せの法則」では、叶った後のイメージ(体感覚)を叶う前に先取りすることも大切。

自分にとっての理想の部屋が分かってきたところで、

  • 私はそこでどんな暮らしをしているか?
  • 今からできることは何か?

を考えて、できることから実行してみることにしました。


当時の私が思い描いた新居での生活は、

  • まったりご飯を作っている
  • ゆっくりコーヒーを飲みながら
    ネットを見たり、カウンセリングの仕事をしたり
  • 掃除したり(物が少ないから楽チン)

というような感じ(とてもザックリ、笑)。

実際の当時のメモ

↑新しい家で快適にこれらのことをやっている自分を思い浮かべて、その時の気持ちになりきってみました。


一方で、冷静に見てみると、この「新しい家でやりたいこと」の大半は、実は今の家でもできること

その中でも特に気になっていた掃除(片付け)をすることにしました。

実は当時の私は汚部屋の住人(恥)。

六畳一間に足の踏み場もないくらい物が散らかっていました。

そこで「引っ越す時に荷物は少ない方がいいよね」と、断捨離を開始。

新居に持っていきたいと思える、本当に大事なもの、気に入っているものを厳選し、いらなくなったモノは「今までありがとう」と処分していきました。

引っ越した後の体感覚を落とし込む

さらに引越し先でのイメージを高めようと、「自分がなぜ引っ越したいか?」を改めて考えてみました。

突き詰めると、私が欲しかったのは「安心」。

  • 地震が起こっても大丈夫な「安心」
  • 周囲の音に煩わされず「安心」して過ごせる
  • 防犯上でも「安心」である

そこで、今「安心」を感じることができないか、寝る時に考えてみました。

探してみると、今の家にもある「安心」が見えてきました。

  • 天井や壁で雨風をしのげる「安心」
  • 温かい布団にくるまって寝られる「安心」
  • ドアや窓は施錠のできる「安心」

「あぁ、今でも安心はあるなぁ」と、その気持ちを味わいながら眠りにつきました。

試しに仮契約するも失敗

そんな中、物件探しの方で動きが出ました。

隣駅のエリアで、「あ、ここいいかも?」という部屋が見つかったのです。

不動産屋さんに連絡して、早速見学にいくことに。

実際の物件を見てみると、自分の条件はほぼ満たしている部屋。悪くない。

けれど、

  • 隣駅のエリアである
  • ちょっと高めの家賃
  • なぜか感じる、ちょっとここじゃない感

という点で迷っていました。

そんな私の様子を見た不動産屋さんは、

ちょうど翌日が会社の休みということで、仮契約して部屋を押さえ、考える時間をくれたのでした。

チカ

もし、ココが私にとって運命の部屋であれば、きっと本契約できるはず

そう思いながら2日後を迎えましたが、結局、私には相変わらずお金がないまま…。

「やっぱり、もう少し他の部屋を見てみます」と不動産屋さんに連絡して、その部屋は見送ることになりました。

想定外の所からお金が入ってきた!

一度仮契約したものの上手くいかなかったことで、私は意気消沈。

「まぁ、もし引き寄せられなくても、貯金して引っ越せばいいか」と

若干諦めモードというか、肩のチカラが抜けた状態になっていました。


さらに事態が動いたのはその約2週間後。

住んでいたアパートの管理会社から、突然電話がかかってきたのです。

管理会社

今お住まいのアパートを取り壊すことになったので、次の更新までに退去をお願いいたします。

大家さんが「ご迷惑をおかけするから」とのことで、今の家賃の半年分をお渡ししますので

本来このような待遇はまれで、うんぬんかんぬん…

!!!!!??!?!??!?!?

_人人人人人人人人人人人人人人人_
> 家賃半年分お渡しします!? <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

びっくりして私がフリーズしていると、

管理会社は、私が退去を渋っていると勘違いしたのか

  • 今のアパートは地震が起こった時に安全の保証ができない
  • 次回更新より半年前の告知なので、本来は敷金の返却のみ
  • 大家さんのご好意を無駄にしない方がいい

と色々話してきました。

慌てて退去を快諾する旨を伝えると、先方は安心したように今後の流れについて説明し話が終わりました。


信じられない気持ちで電話を終えたあと、私もすぐに物件探しをしている不動産屋に連絡しました。

チカ

これまでいい物件が見つかったら引っ越そうと思っていたのですが、
住んでる家が取り壊されることになり半年以内に引っ越すことになりました…!

かくして、私は想定外の所から引っ越し資金を手に入れ、本格的に物件探しをすることになったのでした。

私の階下に住んでいた人が退去した後の様子。
シロアリに食べられて床も柱もボロボロ…
これを見てオーナーと管理会社は取り壊しを決意したそうです。。。

ほぼ理想通りの家が見つかった!!

その後、気になる物件を見に行く→ピンと来なくて見送る、ということを繰り返すこと数回。

2015年3月上旬に、やっと心から「ここいいかも!」と思える物件が見つかりました。

それは完成間近の新築物件で、候補の部屋が2つありました。

  1. ベランダ有、角部屋、家賃8万9千円
  2. ベランダ無、中部屋、家賃8万6千円

①の方が好みの間取りだったものの、すでに先着の見学申し込みが1件。
私は2番手で見学申し込みをさせてもらいました。

第2希望に強制変更

申し込みをした数日後、不動産屋さんから連絡が入りました。

不動産屋

オーナーの意向で、現在お申し込みの①部屋が4千円値上がりすることになりました。いかがなさいますか?

また、②部屋にこれまで2人の申し込みがあったのですが、1人目がキャンセル、2人目の方は審査が通らなさそうなので、こちらなら1番手になれますよ

不動産屋さんと相談した結果、

①部屋の2番手はそのままキープ
②部屋の1番手としても申し込む

ということになりました。


そして迎えた物件完成&見学日。

①部屋は1番手の方が見学してそのまま契約することになってしまいました。

結果的に大正解!

そして、私が残された②部屋を見てみると…、大変にいい!!

  • ベランダがなくても、室内物干し付きで問題なし
  • 当初は記載がなかった浴室乾燥や追い焚き機能も付いて、お値段据え置き!
不動産屋

新築でこれだけの機能がついて、この価格は他にないです!

と、不動産屋さんのお墨付きももらい、私の新居は②部屋に決定。

3週間後の4月下旬、晴れて新居への引っ越しを果たしたのでした。

新居の写真①
新居の写真②

家賃アップ⇨まさかの収入アップ

ボロアパート→新築物件に引っ越したことで、私の月々に支払う家賃は2万6千円分高くなリました。

「その分、他で節約かな…」と思っていた矢先、さらに奇跡が起こります。

引っ越しが終わった数日後、上司に呼び出されてこう言われました。

上司

先日、チカさんの昇格が決まりました。
昇格に伴って給与も上がるので、お給料がいつもより多くても間違いじゃないからね。

後日振り込まれた給与を見てびっくり。

なんと昇給額は2万7千円

家賃の値上がり分2万6千円とほぼ同額の昇給額なのでした。。。

これは偶然?それとも「引き寄せの法則」?

私の貯金ゼロからの引っ越しエピソードはこれで終わりです。

ここまで読んでみて如何だったでしょうか?

  • 信じられない?
  • ただの偶然?
  • こんな体験してみたい?

色んな感想があるかと思いますが、

少なくとも私自身は、この体験を通じて

  • 「引き寄せの法則」って本当にあるんだ!!
  • こんな体験ができるなんて、「引き寄せの法則」って面白い!

そう思うようになりました。


今回の引っ越しでカギとなった

  1. アパートの階下の住人が先に引っ越していた
  2. 大家さんがいい人だった
  3. タイミングよく新築物件が出てきた
  4. 第2希望の部屋に移った
  5. 昇格のタイミング

これらを偶然と一言で片付けるには、ちょっと色々重なりすぎていて。

私には「シンクロニシティ(共時性:意味のある偶然の一致)」が起こったように思えたのでした。

引き寄せの法則が働いたポイント&まとめ

この引っ越しが「引き寄せの法則」によるものだとすると、望みが叶ったポイントはどこにあるのか。

私が今まで「引き寄せの法則」関連書籍を読んできた内容から察するに、

  1. 「引っ越したい」と結果を強く望んでいた
  2. 「引っ越せる」と信じて、楽しみながらインスピレーションに従って行動していた
  3. 失敗しても、あきらめなかった

この3点がポイントだったのでは?と思っています。


今回のお話が、少しでも

  • 何かの望みを叶えたいと頑張っている
  • 「引き寄せの法則」を使ってみたいと思っている

そんなあなたのお役に立てたら幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!


【追記】
当時アメブロに書いていた記事も当サイトに持ってきました。
本記事よりまとまりないですが、当時の私のエネルギーは乗っていると思うので、よかったら見てみてくださいね♪
今月のミラクルな出来事②/引っ越し

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ブロガー / カウンセラー
「引き寄せの法則」を人生で試す人。
これまでに、貯金ゼロで引越し、15年彼氏なし→出会って1年で結婚、などを実現。
※インスタはプライベート用アカウント。日常投稿です、笑

目次
閉じる