今月のミラクルな出来事②/貯金ゼロなのに引っ越しできた話

昨日、「今月のミラクルな出来事①/夢に一歩近づいた話」という記事を書いたのですが、

年明け~今月半ばにかけて、もっとミラクルなこともあったので追記することにします(笑)


実は、今月の半ばに引っ越しをしたのですが、それがありえないような奇跡の連続で叶ったんです。

私自身こんな経験をしたのは初めて。

そんなありえないような不思議な引越し話、もし良かったら読んでいただけると嬉しいです。

目次

引越しできるようになるまでの奇跡

前に住んでいた家は、エリアの割に賃料がかなり安くて、3年半近く住んでいました。

当時、私が希望していた条件をほぼほぼ満たしていて、かつ、内装もわりときれい。

ただ、その安さの秘密は築40年越え、和式トイレ、というトコロにありましたヽ(;´ω`)ノ

けれど、

  • そろそろ洋式トイレがいいな…
  • 地震が来たらこのアパート壊れそう、
  • もっと安心して生活したい…

と、昨年末あたりから「引っ越したいな~」という思いが強くなり、

手持ちのお金はないけれど、「ある」ということにして(笑)

年明けから新しい部屋探しを始めました。


ほどなくして、まぁまぁいい感じの部屋が1件見つかったので仮申し込みをしました。

でも、本決めまでの間にお金が入ってくることもなく、

その物件は見送ることに…。

『ダメだったかー、でも、もっといい物件が見つかるってことかも♪』と気を取り直し、

物件探しを再開して2週間後くらいのこと。

住んでいたアパートの管理会社から連絡がありました。

「今お住まいのアパートを取り壊すことになったので、次の更新(7月末)までに退去をお願いします。

本来は半年以上前に通知したので、敷金の返却のみなのですが、

大家さんが『ご迷惑をおかけするから』とのことで、今の家賃の半年分をお渡しすることになりました。」

( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚ 

えーーーーーー!!?

かくして、私は引っ越し資金を手に入れ、本腰を入れて物件を探すこととなりました。

新居が決まるまでの奇跡

思わぬ経緯から引っ越し資金を入手したワタシ。

不動産屋さんにも「いい物件が見つかったら引っ越したいんですよ~」と話していたのが、

「住んでる家が半年後に取り壊されることになったんですよヽ((◎д◎ ))ゝ」

という感じで事情を説明。

近所の不動産屋を渡り歩き(住むエリアは変更しないので)、

2か月で15件くらい、物件を見に行く⇒イマイチぴんと来なくて見送る、ということを繰り返していました。


そんな3月上旬、新着物件をチェックしていると、いい感じの新築物件が!!

同じ建物で、

  • A:ベランダ有・水回りすっきり
  • B:ベランダ無・水回りちょっと分離

の2部屋の選択肢がありました。

Aの方が○千円ほど高く、すでに1人申し込み済みでしたが、

間取りがタイプだったので、Aの2番手として申し込みをしました。


3月末に完成、見学会実施後に4月から入居開始と言うことで、

他の物件も見つつ待った数日後、申し込んだ不動産屋さんから連絡が。

「Aの部屋が、オーナーさんの意向で○千円の値上がりをすることになりましたがいかがなさいなすか?

あと、Bの部屋でこれまで二人の申し込みがあったのですが、

一人目がキャンセルして、二人目の方は審査が通らなさそうなので、こちらなら一番手になれますよ」

とのことでした。


まじか。

美味しい話、でもAも捨てがたい。

私「悩みますね…。AとBの両方を押さえられたらいいのに(´□`。)」

すると、不動産屋さん「Aの2番手、Bの1番手で両方押さえることができましたよ!」

( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚

「そんなことできるんかい!?」と、ありえない経験をしたのでした。

(私が知らないだけで、実はよくあることなのかしら…(?_?))


そうして迎えた見学会当日。

Aの部屋は1番手の人に決まってしまいました。

ところが、実際に見ると、Bの部屋悪くない…!

むしろ、当初は記載がなく、後から付けることになったという

浴室乾燥やお風呂の追い炊き機能も付いて(なのに価格変更なし!!)、

照明も備え付け、風通しもいい。

このエリアでこの条件でこの賃料って他にない(安い)!!


それでも私は

「この部屋でいいのかな、断る理由全然見つからない…

これまで家さがしに付き合ってくれた不動産屋さん(悪い点もきちんと言ってくれる)がべた褒めしてるし…」

と、かなーりそわそわしながら(笑)、Bの部屋を新居に決定したのでした。

引越しが終わった後の奇跡

晴れて新居が決まり、無事、今月半ばに引っ越しを終えました。

今度は、そこに関わるお金が、さらに

( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚

な感じで。

(いよいよ本題、長かった、笑)


まず、

「不動産関係初期費用

+引っ越し代+不用品処分代」

「前の大家さんから頂いたお金

(前の部屋の家賃6か月分)」

と、図らずしもぴったり。

さらに、引っ越し後に判明したのが

「新居になって増額した分の家賃

(新居の家賃ー前の家の家賃)/月」

「会社の今年度昇給分

(今年度のお給料ー前年度のお給料)/月」

だったという、ありえない出来事なのでした…。

(前者は数十万円かかって、後者も数万円の変化だったのに、どちらも誤差が千円未満!)


ほんと、引っ越すまでは、

「引っ越し代足りなかったら、お金借りるかもしれない…」と親に言ってたのが、

結局大丈夫だったり、

「家賃が高くなる分、他に使えるお金が減っちゃうけど、しゃーないか(^▽^;)」

って損する覚悟だったのが、これも大丈夫だったのよね(笑)

「ほんとに、私は生かされてるなぁ」

そう感じた出来事なのでした。

Chika8でした♪


P.S. 

引っ越して1週間後にこのことがあったので、

運気が上がるいい新居だったんだなぁ~( ´艸`)

と思っています。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ブロガー / カウンセラー
「引き寄せの法則」を人生で試す人。
これまでに、貯金ゼロで引越し、15年彼氏なし→出会って1年で結婚、などを実現。
※インスタはプライベート用アカウント。日常投稿です、笑

目次
閉じる